◎ポラス建築技術訓練校の佐藤主任、新勾配となる『長中殳(こ)』を割り出し=電動丸のこで加工効率化◎ | 住宅産業新聞

◎ポラス建築技術訓練校の佐藤主任、新勾配となる『長中殳(こ)』を割り出し=電動丸のこで加工効率化◎

これまでの大工技術を伝承するために、その技術で効率的に施工するにはどうするか。ポラスグループ(埼玉県越谷市、中内晃次郎代表)のポラス建築技術訓練校において訓練生の指導を担っている佐藤泰弘主任はこのほど、軒先に付けられる鼻隠し部分の墨付け後の加工について、手作業で調整しながら加工するのではなく、電動丸のこぎりの刃の角度を規矩術の勾配基本図から『新勾配長中殳(こ)』を見つけたという。これにより工期短縮はもちろん品質や安全性確保につながるとみている。同グループでは、いろいろな建物やデザインに対応できる技術を持つことで、デザイン性の高い住宅だけではなく幼稚園や高齢者施設などの非住宅での取り組みに生かしていく考えだ。

2020年11月12日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)