◎リノべるが遠隔施工管理の仮運用を実施、設計者の業務改善が目的=施工品質管理の利便性も高まる◎ | 住宅産業新聞

◎リノべるが遠隔施工管理の仮運用を実施、設計者の業務改善が目的=施工品質管理の利便性も高まる◎

マンション・戸建住宅のリノベーションサービスを手掛けるリノべる(東京都港区、山下智弘社長)は現在、工務店パートナーとの協業によって管理業務の効率化と施工品質の向上を目指すために遠隔施工管理の仮運用を実施している。当初は設計者の業務改善を目的にスタートした取り組みだったが、さらに施工品質管理の利便性が高まったことや設計者と現場監督によるコミュニケーションの頻度が高くなると同時に質向上にもつながっているという。同社では年内いっぱい仮運用を行うことで課題や問題点などを整理していく考えであり、2021年度半ばをメドに本格運用を目指していくという。

2020年11月12日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)