トヨタホーム東京=西大宮のモデル棟で宿泊体験、上質なデザインのリビング空間を体感 | 住宅産業新聞

トヨタホーム東京=西大宮のモデル棟で宿泊体験、上質なデザインのリビング空間を体感

「コペンハーゲン」モデル「コペンハーゲン」モデル

トヨタホーム東京(東京都千代田区、井上正宏社長)は13日、埼玉県さいたま市・西大宮の分譲住宅地で、家族が集まる大空間を彩るインテリアスタイル「ファーストクラスリビング(FCL)」を採用したモデル棟宿泊体験参加者募集を同社ホームページ上で開始した。

柱や梁、壁の少ない大空間が確保できる鉄骨ラーメン構造の強みと、統一感を持たせたインテリアで装飾したデザイン性の高さを訴求する。

FCLは、デザイン性にこだわる顧客向けの高品質なインテリア提案。レジリエンス性の高い鉄骨造の強靱な躯体に、居心地の良い上質な空間をセットした同社独自の仕様だ。

19年5月から提案を開始したところ、顧客の反響が高く、総合展示場の初回訪問からリアルなサイズ感が体感できる西大宮のモデル棟の見学予約につながる事例が増えたとした。

2020年03月26日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)