リビングライフグループ・東横建設、耐震等級2と制振装置の「W構造」で訴求 | 住宅産業新聞

リビングライフグループ・東横建設、耐震等級2と制振装置の「W構造」で訴求

建物ごとにコンセプト打ち出す建物ごとにコンセプト打ち出す

リビングライフグループにおいて木造建築部門を担っている東横建設(東京都大田区、樋口朗社長)は、東京都城南エリアや川崎・横浜エリアにおいて年間160棟(2019年3月期)を供給し、そのうち9割が分譲住宅だという。

同社は構造面では耐震等級2の性能と制振装置を兼ね合わせた「W構造」によって訴求。建物の本質的な部分における安心の提供と、ポイントやコンセプトを明確化した住宅を提供しているのが特徴だ。

こうした取り組みの背景にあるのは〝自社一貫体制〟によって、エンドユーザーの声をダイレクトに社内に反映できる体制にある。今後もこれまでのノウハウを生かしながら、「家を売ることよりは暮らしを提供していくという考えのもと、購入者が思い描く暮らしのシーンを1つでも実現していく」ことに注力することによって、その延長として注文住宅の業績を伸ばすことを狙っている。

2019年11月07日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)