IoT展示会CEATEC2019、エネルギー視点増加 | 住宅産業新聞

IoT展示会CEATEC2019、エネルギー視点増加

スマートハウスの将来性をアピール(大阪ガス)スマートハウスの将来性をアピール(大阪ガス)

人工知能(AI)やIoT技術の総合展示会「CEATEC(シーテック)2019」が15~20日に千葉県の幕張メッセで開催され、出展者は、あらゆるものから得られる情報を解析して幅広い場面で役立てられる技術と将来性を披露した。

特に今回のシーテックは、「Society5・0Town」と名付けたエリアを会場中心に配置。暮らしやまちづくりにかかわる展示を集めた。

各社とも独自の技術・サービスを訴求する中、目立つのはエネルギーとの関りを意識した視点。災害の頻発化などを背景にエネルギー供給に注目が集まるが、情報の集積に不可欠なエネルギーについて、企業が知恵を絞っている様子がうかがえる。

2019年10月31日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)