トヨタホーム=独自の空調システム搭載率5割に、後付け対応も準備中 | 住宅産業新聞

トヨタホーム=独自の空調システム搭載率5割に、後付け対応も準備中

スマート・エアーズスマート・エアーズ

トヨタホーム(名古屋市東区、後藤裕司社長)が展開する独自の空調システム「スマート・エアーズ」の販売が好調だ。

販売を開始した2012年は10%未満だった採用率が、19年7月には過去最高の48%超を記録。18年11月には累計販売5千台を突破しており、「新築の約2戸に1戸」がスマート・エアーズを搭載している計算になる。

今年4月には、本体の小型化や風向き調整幅の拡大、加湿機能の搭載などの仕様強化を図った。さらに、スマート・エアーズ未搭載の同社住宅への後付け設置への対応も検討中という。

同社は「トヨタホームといえば『スマート・エアーズ』」のようなブランド化を目指し、提案を強化する考えだ。

2019年08月29日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)