積水化学住宅C=ショールーム設置を加速、新築に続きリフォーム向けも展開 | 住宅産業新聞

積水化学住宅C=ショールーム設置を加速、新築に続きリフォーム向けも展開

積水化学工業住宅カンパニー(東京都港区、神吉利幸プレジデント)は、常設型の展示施設を活用した受注獲得戦略に磨きをかける。2018年度に、新築戸建ての検討を始めた見込み客向けの体感型ショールームを全国展開させたところ、来場者の評価や受注効率の高さなどから、急遽、出展計画を倍増させた経緯がある。この実績を踏まえ、今年度は同施策をリフォーム事業「ファミエス」にも広げる。今月6日、名古屋市内に第1号施設がオープン。中部地域では今後、岡崎市や津市などにもリフォーム特化型ショールームを開設する計画という。

2019年04月11日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)