工務店の多角化戦略とは、本業との相乗効果が重要【新年特集 変化する時代の多角化戦略】

わが国ではこれから、人口減少による急速な少子高齢化の進展が現実のものとなっていく。

その影響による住宅着工戸数の減少、空き家の増加、大工・職人の高齢化や人材不足などが深刻化するといわれている。そういった状況下にあって地域の工務店は何に商機を見出せばよいのだろうか。

主に地域工務店に対して経営戦略を支援するゴールウェイコンサルティングの後藤俊二社長は、工務店が生き残るための1つの手段として、「経営の多角化」があり、それを推進する場合、「現在の事業がしっかりと核になっていることが重要だ」と指摘する。

そのうえで、(1)現在展開している商品をこれまでと異なるターゲットに展開する(2)同じターゲットに違う商品もしくは付随した商品を売る――という視点が必要だとし、「本業との相乗効果が出せるかどうかが重要」と語っている。

2019年01月10日付2面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)