ミサワホームが浦安市でまちづくり、2施設相互連携で地域居住 | 住宅産業新聞

ミサワホームが浦安市でまちづくり、2施設相互連携で地域居住

(仮称)アスマチ浦安富岡の外観イメージ

ミサワホーム(東京都新宿区、磯貝匡志社長)は10日、千葉県浦安市の浦安中央病院跡地(富岡3―20)に医療介護複合施設「(仮称)アスマチ浦安富岡」を建設すると発表し、同日、竹中宣雄同社会長らによる鍬入れの儀などが執り行われた。

同社は今年4月、北西に約1キロの東野3丁目に移転・新設した浦安中央病院と、隣接する保育施設や調剤薬局、賃貸住宅付きの複合商業施設を竣工したばかり。

隣接地ではシニア向け分譲マンション建設計画も進む。同社は2拠点の相互連携で、子育てから終末期まで、多世代が安心して生活できる地域拠点づくりに取り組む。

2018年12月13日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)