TOTO、『あんしんリモデル』で需要喚起=ショップとの情報共有も開始

TOTO(福岡県北九州市、喜多村円社長)が『あんしんリモデル戦略』(以下、あんしんリモデル)を始めて8ヵ月が過ぎた。

あんしんリモデルを構成する『リモデルサポートデスク』の利用者アンケートでは「回答者の8割が『疑問や不安が解決しリフォームの〝次の段階〟に進めた』と答えている」(TOTO)など、成果が出ているようだ。

10月には(1)あんしんリモデルを構成する『リモデルプロショップ』に消費者の要望を伝える代行(2)消費者からの問い合わせ情報をリモデルプロショップと共有――の新たな取り組みも始めた。

あんしんリモデルとして消費者と事業者の双方に役立つ情報をメーカーとして積極的に発信しリフォーム需要の喚起につなげたい考えだ。

2018年12月13日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

特集はこちら

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)