近隣に開かれた展示場=高砂建設が埼玉県川口市内に宿泊体験可能なモデルハウスをオープン

衣類・自動車・食料品を購入するときは、それぞれ試着・試乗・試食があるが、当時は住宅を購入する際に試すすべがなかった――。

1993年から単独展示場において宿泊体験を行ってきた高砂建設(埼玉県蕨市、風間健社長)では23日、同社として4ヵ所目となる宿泊体験可能なモデルハウス「川口体感モデルハウス」を埼玉県川口市内にリニューアルオープンした。

同モデルハウスでは宿泊体験のほかに、平日はコミュニティースペースを活用したカルチャースクールの開催やコラボ・レストランとしてイタリアンレストランを併設するなど、近隣地域にも開かれた場としての役割も期待されているのが特徴だ。

同社ではこれまで、年間80組以上の宿泊体験者を受け入れているが、今後は健康面にも訴求した宿泊体験を行っていく考えだ。

2018年11月29日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)