三井不動産など3社、ICT活用し安全・安心の街づくり目指す実証実験 | 住宅産業新聞

三井不動産など3社、ICT活用し安全・安心の街づくり目指す実証実験

三井不動産など3社は、ICT(情報通信技術)を活用して、安全・安心の街づくりを目指す実証実験を行った。〝救命の連鎖〟をテーマにした日本初の試みで、カメラ・AI(人工知能)やネットワークシステム・救命アプリを連携させて、街全体で救命率向上を目指す取り組み。

今回の実験は、三井不動産のほかシスコ、Coaido(コエイド)の3社が共同して行った。テーマの救命の連鎖とは、「心停止の予防」「心停止の早期認識と通報」「心肺蘇生(CPR)とAED(自動体外式除細動器)」「救急隊、病院での救命処置」を、4つの鎖の輪とし、これらを迅速かつ途切れることなくつなげることで救命率の向上を図る。

2018年03月29日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)