日本・ミャンマー住宅都市産業協議会、ヤンゴンで中低所得者向け住宅を建設

大手ハウスメーカーや住設企業などが会員となっている日本・ミャンマー住宅都市産業協議会(JMHU、会長=矢野龍住友林業会長)は12日、ミャンマーのヤンゴンで中低所得者向け住宅(アフォーダブルハウス)を着工した。また、これに先立つ4日にミャンマー建設業協会とのアフォーダブルハウス建設のパイロットプロジェクトに関する調印式と合同セミナーを開催した。ミャンマー建設省は、今後20年間に100万戸の住宅を建設する計画を発表。特に、低中所得層への住宅供給は、今後5年間で早急に整備することが示されている。今年1月に開催したヤンゴンでの共同セミナーで、パイロットプロジェクトについての提案があり、今回の決定に至った。JMHU会員社がアフォーダブルハウスをイメージしたアパートタイプのモデルハウスを建設。日本の建築技術や住宅部材を紹介する。

2017年12月21日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)