トヨタホームが2千万円台の注文戸建てモデル、延床面積限定し一次取得者に訴求

トヨタホームは1日、鉄骨ユニット工法の注文戸建住宅で2千万円前後となる戸建住宅販売40周年記念モデルの販売を開始した。2018年3月までの契約で、延床面積110平方メートル(約33坪)以下、「シンセ」シリーズに限定し、価格を抑えることで、一次取得者層の獲得を狙う。大手ハウスメーカーの注文住宅の受注動向をみると、建替層など二次取得者層の動きが鈍い。一方、土地を持たない一次取得者層にとって低金利や景気回復など取得環境が整っているが、高付加価値化、1棟単価上昇の中でコスト意識が高い一次取得者層の需要を獲得できていない。そこで、同社では40周年を機に期間限定で価格を抑えたモデルを投入する。

2017年09月07日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)