トヨタホーム、主力の鉄骨ユニット戸建住宅を刷新、50歳代・建て替え層狙う旗艦モデルから

トヨタホームは20日、主力の鉄骨ユニット工法「SINCE(シンセ)」シリーズを強化し、50歳代の建て替え層をターゲットとしたフラッグシップモデル「SINCE feelas(シンセ・フィーラス)」を5年ぶりに刷新した。

同時に、すべての「シンセ」シリーズでZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に標準仕様にするとともに、自動車の塗装技術を応用して30年間の耐久性を実現した新外壁塗装法「デュアルトップ」の外壁を採用する。

「シンセ」シリーズは同社の販売の95%を占めており、まずはフラッグシップから刷新を開始した。

同社の顧客は一次取得者層が中心となっているが、請負金額で4千万円以上となる層への訴求を強化するとともに、主力の鉄骨ユニット住宅の性能をアップして、1棟単価の上昇を狙う。

2017年04月27日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)