タマホーム、リフォーム関連事業強化、アフターマーケット事業部が推進

タマホームは今期(2017年5月期)、リフォーム関連事業に力を注ぐ。昨年9月には100人体制の「アフターマーケット事業部」を立ち上げ、現在各種施策を実行中だ。まずOB顧客向けのCS向上施策を柱とし、段階的にその他一般向け施策を展開していく予定だ。
同社は今期、戸建住宅の累計建築棟数が10万棟を超える見込み。これらのOB顧客がリフォーム事業の見込み客になるという強みがある。そのため今期を「リフォーム事業を本格化するいいタイミング」(同社)とみており、OB顧客向けに提供している定期点検と有償のメンテナンス工事を継続することで5年毎の延長保証を継続し最長30年間保証する(長期優良住宅の認定を取得した住宅の場合は最長60年間の保証)長期保証提案を推進する。

2016年08月25日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)