アキュラホーム、流通材を駆使した新建築、木造3階中規模建築、一般住宅への応用可能 | 住宅産業新聞

アキュラホーム、流通材を駆使した新建築、木造3階中規模建築、一般住宅への応用可能

今年7月に竣工したアキュラホーム(東京都新宿区、宮沢俊哉社長)の埼玉北支店オフィス棟「住まいと暮らしサロン」は、一般流通材を使い、住宅向けプレカット技術を駆使した木造3階建て中規模建築。6メートルの標準的な流通材を使って最大16メートルの無柱空間を実現した。同社は住宅でも3階建てが増えている傾向を踏まえ、ロングスパンを生かしながら3層でどのような空間をつくることができるかという検討を行ったという。同支店には、このほかにも一般住宅に応用可能な技術が取り入れられている。

2016年08月18日付6面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)