住友林業が東京での受注獲得強化、大崎の新設展示場にBF耐火で18メートル4階建て出展へ

住友林業は、都心部でのビッグフレーム(BF)構法を訴求するため、品川区大崎で計画中の住宅展示場に、耐火構造の高さが最大18メートルとなる木造4階建てモデルハウスを建築する。階によって天井高3メートルと3・5メートルを混在させ「BFが出て10年ということで、これまでの技術の進化」(和田賢取締役専務執行役員)を示すものとする。モデルハウスは、再開発事業の一環である土地の有効活用として期間限定で行う住宅展示場への出展となる。計画が順調なら9月頃にオープンする見通しだ。同社では、展示場展開や営業社員の投入などにより、東京における受注獲得の強化を図る。

2016年03月03日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)