積水ハウス エコ・ファーストパーク、実験住宅中心に環境技術学びの場に | 住宅産業新聞

積水ハウス エコ・ファーストパーク、実験住宅中心に環境技術学びの場に

積水ハウスは19日、関東工場(茨城県古河市)の敷地内に環境技術実証実験住宅3棟を集めた「積水ハウス エコ・ファーストパーク」を開設し、一般公開した。同社の「サステナブル宣言」を具現化し、東京都国立市に2006年に建設した「サステナブル デザイン ラボラトリー」を「風の家」として、10年に横浜APECで公開した「観環居」を「木の家」として移築した。また、08年の洞爺湖サミットで公開し、サミット終了後に関東工場へ移築している「ゼロエミッションハウス」を「あしたの家」と名称を変更。また、3棟が並ぶ敷地には同社の『5本の樹』計画に基づく「生きものの庭」を設けた。同社は、エコ・ファーストパークを近隣の小学生や建築・造園関係の学生、NPOなどによる社会教育の場として開放し、「住宅の環境技術を皆で学んでいただく場所であって欲しい」(和田勇会長)とした。

2015年05月28日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)