若者に対して持ち家取得支援を、30歳代ローン負担重く=国土交通白書 | 住宅産業新聞

若者に対して持ち家取得支援を、30歳代ローン負担重く=国土交通白書

国土交通省は2日、2012年度の国土交通白書を公表した。白書では、若者(20~30歳代)の住まい方や働き方の変化を踏まえた今後の取り組みの方向性を分析した。東京圏、地方とも中心部で若者人口が増加し、駅の近くに居住する若者が増加。持ち家を希望しながら賃貸住宅に住む若者が増え、30歳代の持ち家率も39・0%に低下、可処分所得に占める住宅ローン負担割合は全年層で30歳代が最も高いなど持ち家率低下の一因と指摘した。

今後の取り組みとして、若者に対する持ち家取得支援や良質な民間賃貸住宅の供給などをあげた。また、若者の生活圏は以前と比べてコンパクトになっていると指摘。今後、都市機能集約化などコンパクトシティ形成が必要とした。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)