22年度国交白書、震災は「多重防御」で、しなやかな国土構造へ再構築も | 住宅産業新聞

22年度国交白書、震災は「多重防御」で、しなやかな国土構造へ再構築も

国土交通省は8月26日の閣議に『平成22年度国土交通白書』を報告した。白書では、東日本大震災を「観測史上最大の巨大地震と大津波による甚大な被害」と規定。被害状況を示すとともに復旧・復興へ向けた取り組みを進める中で浮き彫りになった課題を抽出し、今後実施すべき対策の方向性を指摘した。

特に、地方部での集落の孤立や大都市の帰宅困難者問題、住宅や公共インフラの耐震不足、建設労働者不足などへの懸念を表明。日本全体としてハード・ソフト両面での「多重防御」の観点で、災害に強いしなやかな国土構造への再構築を行うべきとしている。

2011年9月1日付け1面から記事の一部を抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)