津波被災地の民間復興、土地利用調整ガイド、自治体の指針策定早期に | 住宅産業新聞

津波被災地の民間復興、土地利用調整ガイド、自治体の指針策定早期に

国土交通省は22日、津波被害を受けた被災地で民間による復興を促すための土地利用調整ガイドラインを公表した。

被災地に共通する考え方を国が示したもので、市町村などによる復興指針を早期に明確化できることを目的とした。民間などによる開発を先行的に誘導・促進するエリアの明確化と、農地に住宅を建てる場合など既存の土地利用計画に適合しない場合の土地利用調整手続きを弾力化した。国では、土地利用調整手続きの一元化による特別措置の法制化を検討しており、ガイドラインでは自治体がこれらを踏まえた復興計画を立てられるようにする。

2011年7月28日付け7面から記事の一部を抜粋

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)