2009年度再建築率が13年ぶりに上昇、着工減も建替底堅く

国土交通省は9日、2009年度の住宅着工における再建築率が11・6%と発表した。前年度より0・8%上昇し13年ぶりにプラスに転じた。前年度に「増減なし」となり、過去最低の更新に歯止めがかかっていた。ただ、持ち家は13年連続のマイナスが続いている。09年度は住宅着工全体が25・4%減と大きく落ち込んでおり、比較的底堅い需要を持つ建て替えが着工減少を下支えしたため、再建築率が上昇に転じた側面が大きいと考えられる。

再建築率とは、住宅のすべてか一部を取り壊した直後に同じ敷地内に住宅を着工した戸数を、住宅着工戸数に占める割合で表したもの。住宅以外の事務や工場を除却して新築した住宅や、住宅の除却後すぐに着工されない住宅は除いている。

2010年9月15日付け7面から抜粋

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)