国交省、来年度予算概算要求に既存住宅保険の創設盛り込む方針 | 住宅産業新聞

国交省、来年度予算概算要求に既存住宅保険の創設盛り込む方針

国土交通省は、8月末に締め切る来年度予算概算要求に、既存住宅保険の創設を盛り込む方針を示した。同省では、既存住宅保険制度を来年度から導入する意向。既存住宅の性能をいかに簡便に検査し、そのリスクに応じた保険料を負担可能な範囲に抑えるかなど課題となっており、その仕組みを構築するための予算を確保したい考え。また、いわゆる”ゼロゼロ物件”で問題化した民間賃貸住宅の管理適正化に向けた法律を、来年度の通常国会へ提出する意向。これに伴い、紛争処理の仕組みづくりに対する概算要求に盛り込む見通しだ。

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)