戸建て住宅の競売、6月までの約1年で2倍以上に | 住宅産業新聞

戸建て住宅の競売、6月までの約1年で2倍以上に

一般社団法人・不動産競売流通協会は20日、2008年3月から09年7月までの全国競売物件数の推移をまとめた。それによると、戸建ての物件数は08年3月は1744件だったが、今年6月には3768件と2倍以上に増えていることがわかった。7月は3512件とやや減少。一方、マンションも同期間に757件から1425件に倍増した。特に、自動車産業の落ち込みが激しい愛知県で戸建て住宅の競売件数が約7倍に急増するなど地域経済を反映した結果となった。同協会では、景気の低迷による倒産や給与・賞与減によって住宅ローンの返済が困難になるケースが増えたのが原因とみている。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)