国交省の行政事業レビュー、自治体への住宅・建築物耐震改修補助「抜本的な改善」

国土交通省版の事業仕分けである「行政事業レビュー」は、4日に自治体の住宅などの耐震改修事業を国が補助する「住宅・建築物安全ストック形成事業」について評価を行った。その結果、耐震改修効果の高い手法を検討するなど「抜本的な改善」が必要と判定とした。住宅の耐震改修については、年間6千戸に届かず、2020年までに耐震が不十分な住宅割合5%に下げる国の目標達成が困難なため、大きく手法を変える必要があるとの判断。

評価員からは、自治体が使いにくいとしている国の制度の簡素化や、太陽光発電補助や固定資産税減税など他の政策と組み合わせて、耐震化を進めていくべきとの意見が出された。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)