住宅金融機構組織見直し両論併記、MBS市場成熟化で業務縮小も | 住宅産業新聞

住宅金融機構組織見直し両論併記、MBS市場成熟化で業務縮小も

国土交通省は6日、「住宅金融のあり方に係る検討会」(座長=八田達夫政策研究大学院大学学長)の報告書をとりまとめた。住宅金融支援機構の組織形態のあり方について検討してきたが、関係者によれば議論が紛糾し結論を得ることはできなかった。そのため、引き続き独立行政法人とする案と、会社更生法が適用されない株式会社を含む特殊会社とする案の両論を併記した。また、MBS(不動産担保証券)市場の成熟化が進んだ段階で、同機構の業務縮小を明記した。国交省では、報告書の意見を踏まえて組織形態のあり方について年末までに結論を出すとしている。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)