マイクロドローン、社会実装へ検証進む=建築研究所、日本建築ドローン協会など

11月24~26日に行われた国際ドローン展。日本建築ドローン協会の宮内博之副会長による「建築物点検調査の動向と社会実装」のセミナー会場入口に当日の席を求めて長い列ができた。予約は満席で、関心の高さが伺われる。

ドローンの建築分野での応用は、農業や土木に比べて遅れていたが、高層マンション、住宅などを想定した外壁・屋根検査へのドローンの検証・実装の取り組みが進み始めた。

今、多くの注目を集めているのは、マイクロドローンによる狭所・暗所の点検。人が入ることが困難または不可能な建築物内部を小さなドローンが点検する。ドローンによる狭所検査は、人が行うよりも時間を短縮できるなどの効果があることがわかり、期待がかかる。

一方、課題も見えてきた。現場で実際に使用できるようにすることを目的とする建築研究所、日本建築ドローン協会などが課題解決に向けた検証を行っている。

2021年12月02日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)