悪質な家賃取り立てや家賃保証業登録制度を盛り込んだ新法、23日の閣議へ | 住宅産業新聞

悪質な家賃取り立てや家賃保証業登録制度を盛り込んだ新法、23日の閣議へ

政府は、悪質な家賃の取り立て行為の禁止や、家賃債務保証業と家賃弁済情報データベースの登録制度を主な内容とした「賃貸住宅における賃貸人の居住の安定確保を図るための家賃債務保証業の業務の適正化及び家賃等の取立て行為の規制等に関する法律案」の創設を、23日に閣議決定する方針だ。今国会での成立を目指す。

家賃滞納に対し、カギの交換など悪質な追い出し行為が社会問題化。また、少子化などによる家賃保証業の急速な拡大などから、家賃保証業の適正な運営を法律によって確保する。法案には、国土交通省による改善命令や監督処分のほか、懲役や罰金などの罰則も盛り込まれている。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)