新春特別インタビュー=赤羽一嘉国土交通大臣、新築戸建て住宅需要を語る | 住宅産業新聞

新春特別インタビュー=赤羽一嘉国土交通大臣、新築戸建て住宅需要を語る

赤羽国交相赤羽国交相

新春を迎えるにあたり、赤羽一嘉国土交通大臣は会見を開き、消費増税による住宅市場への影響や既存住宅流通、所有者不明土地、建設キャリアアップシステム(CCUS)と幅広い分野について語った。

東京五輪という大イベントが迫る中、住生活基本計画や長期優良住宅制度の見直しなども控え、赤羽大臣は就任後4ヵ月で新たな時代の幕開けともいえる年に臨む。

2020年に向け、根強い市場の新築戸建住宅へのニーズにも触れるなど、国土交通行政にかける自身の考えを述べた。

――消費増税の住宅市場への影響について
5%から8%に上げたときは、駆け込み需要以上の反動減が長く続いていた。それを2度と繰り返してはいけないという思いがあり、住宅生産団体連合会をはじめ、関係団体から相当丁寧にヒアリングした。

結果として、住宅ローン減税の延長、住まい給付金の増額、次世代住宅ポイント制度の創設――を行ったが、業界のみなさんからは評価されているのでは、と思っている。だが、ポイント制度はまだ周知されていないのではないかというところもある。ポイント制度については終わっていないので、ハウスメーカーが中心になるかもしれないが、国もずいぶん予算をつけているので、広告したりとか、せっかく創った制度なので利用してもらうことが大事だ。

いろいろな評価はあるが、8%時ほどの反動はないのではないかという認識をしている。ただ今後も動向を見極めていかなければならないと思っている。

2020年01月09日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)