国土交通省、8月にBIMロードマップを策定、普及目指し活用推進、生産性向上、施工不良防止へ、幅広い団体参画し検討

国土交通省は建築分野におけるBIMの活用推進を強化するため、BIMがもたらす社会的メリットを提示し、その具現化に向けた官民の役割分担とロードマップ(工程表)策定に乗り出す。

BIMは土木分野ではCIMと呼ばれ、実績が積み重ねられつつあるが、建築分野では導入が遅れている。設計から施工、維持管理まで情報をつなげるBIMの普及は、同省が進めている生産性向上だけでなく、共同住宅で発覚が相次いでいる施工不良問題の防止にも役立つとみて、幅広い分野の関係団体が参画する会議体制で検討を進める。8月には工程表案をとりまとめる。

2019年06月20日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)