都市銀行と業務提携、アルヒ、自動判定の子会社設立し

フラット35など住宅ローンを手がけるARUHI(アルヒ)の子会社であるアルヒRPAソリューションズは10日、都市銀行と業務委託契約を締結した。5月中には、フラット35の事前審査といった同行から受託した事務業務を開始する。アルヒRPAソリューションズは、アルヒの100%子会社で、金融機関からフラット35の事務を受託する。今回の締結が皮切りとなる。アルヒは2017年1月から、RPA(ロボット・プロセス・オートメーション)やOCR(オプティカル・キャラクター・レコグニション)といった申込書類や蓄積されたデータに基づく自動判定や、認識技術を使用し、審査事務の迅速化を進めてきている。一方、金融機関は土日や祭日などは対応しづらい側面があるほか、経営環境が厳しく、人員削減の方針を示す機関もある。

2019年04月18日付5面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)