国土交通省、散発的に増える空き家・空き地、都市計画小委で議論開始し18年度予算に反映、隣地住宅の価値高める事例も

国は、人口減少が進む中、住民の生活を支える都市機能・構造の維持を実現するため、都市計画法の見直しにむけた議論をスタートした。国土交通省の社会資本整備審議会の都市計画・歴史的風土分科会で設置が決定した都市計画基本問題小委員会で議論する。多くの課題を包含しているため全体では4、5年かけて取り組むが、まずは空き家・空き地が散発的に増える「多孔化」に対して議論を進める。多孔化の問題に対しては、月に1回の頻度で議論し、6月には論点や対応の方向性を打ち出して中間とりまとめ案を提示する。2018年度の予算、法律・税制改正に反映させる。国はすでに、空き家・空き地への対応に取り組んできているが、長期的な視野に立ち、特に都市計画の政策が抱える課題を捉えていく考えだ。

2017年02月23日付5面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)