国土交通省と住宅金融支援機構がミャンマーと覚書を締結 | 住宅産業新聞

国土交通省と住宅金融支援機構がミャンマーと覚書を締結

国土交通省住宅局は5日、ミャンマー連邦共和国建設省都市住宅開発局、独立行政法人住宅金融支援機構、ミャンマー連邦共和国建設住宅開発銀行との4者間で、住宅金融に関する協力意図表明文書を締結した。人口規模が大きいミャンマーでは、急激に住宅供給の必要性が高まることに懸念がある一方で、需要の成長は伸びしろが大きく期待が集まる。ミャンマー建設省都市住宅開発局では、2020年までの5年間で住宅10万戸の直接供給を目標に掲げているが、日本側としてはそれとは別に、住宅金融の仕組みを発達させて住宅を増やす環境を整備し、日本の住宅メーカーや設計事務所といった住宅関連民間企業の事業機会拡大を図る考えだ。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)