サンゲツ=「JAPANSHOP2015」に出展、和の魅力を発信 | 住宅産業新聞

サンゲツ=「JAPANSHOP2015」に出展、和の魅力を発信

サンゲツ

サンゲツは3月3日から6日まで東京ビックサイトで開催される店舗総合見本市「JAPANSHOP2015」に出展する。商空間に日本独自の彩(いろどり)を演出し、「和」の持つ文化の魅力と個性を世界に発信する。

インテリア商材と内装計画のアイデアを展示する。メーン提案として、古来の伝統文化が息づく美しい工芸品に現代のテイストを加え、日本の象徴的な素材や風景、紋様を壁紙にした「SHITSURAHI(しつらひ)」。ブースではしつらひシリーズを「反物」に見立て、高さ6メートルの展示で紹介する。展示ブース位置は、東4・5ホール「JS4410」。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)