ソーラーエネルギー利用推進フォーラムがシンポ、今年度を太陽熱利用機器「普及元年」に

太陽熱利用機器を再生可能エネルギーの柱のひとつに――。

日本ガス体エネルギー普及促進協議会(通称=コラボ、村木茂会長)を母体として、ソーラーエネルギー関連企業・団体、有識者、行政などで構成するソーラーエネルギー利用推進フォーラム(中上英俊会長)は26日、第3回シンポジウムを開催した。

「ソーラーエネルギーが果たす役割」と題して、太陽熱利用機器の本格普及に向けた政策・技術面の課題整理や調査報告を行った。また、2009年6月のフォーラム設立時は、今年度を最終年度とする3ヵ年の活動としていたが、活動期間を2年延長し、魅力的な製品開発の支援や、太陽熱利用機器の優位性、情報発信・イメージアップ戦略を続ける。

2011年9月29日付け6面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)