住友林業G、ベトナム最大規模のPB工場、年産25万立方メートル規模で | 住宅産業新聞

住友林業G、ベトナム最大規模のPB工場、年産25万立方メートル規模で

住友林業グループが出資するベトナムの「Vina Eco Board(VECO)」社が、家具向けなどのパーティクルボード(PB)の商業生産を本格化させた。同国最大級規模の年間25万立方メートルの生産能力を備えた最新鋭施設。豪州やニュージーランドなど、環太平洋地域で展開するグループ各社とのシナジー効果を狙う。

VECO社による本格商業生産は、ベトナム経済の成長に伴う同国内需要、及び欧米・日本向けなどの輸出用家具の生産増加で、家具の主要な原材料であるPBの需要拡大が期待できるとの判断による。

2012年5月24日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)