大竹俊夫トステム社長、総合力生かし「建築のデパート」目指す | 住宅産業新聞

大竹俊夫トステム社長、総合力生かし「建築のデパート」目指す

世界的な金融危機、新設住宅着工戸数の激減、住宅版エコポイントの創設――。

市場環境や政府による支援など、業界が目まぐるしく変化するなか、今年4月、トステムの社長に就任した大竹俊夫氏。『トステムは変わる。変える』をキーフレーズに、30年先を見越したビジネスモデル構築に挑戦する。トステム住宅研究所社長、住生活グループ金属製建材事業最高執行責任者なども兼任する大竹社長は「家に関する事は、ワンストップですべてまかなえるのようになるのが理想」と話す。

住設機器・建材の総合メーカーとして成長を遂げた同社は大竹社長の指揮のもと、新たな転換期に挑む。

2010年10月6日付け6面から抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)