LIXIL、サステナブル先導事業に採択=住宅内熱中症対策の有効性など実証

LIXIL(東京都江東区、瀬戸欣哉社長)は6日、同社の「スマートホームシステムを活用した住宅内の熱中症対策と空気質管理の有効性を実証するプロジェクト」が令和3年度サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)の第1回採択事業者として選出されたと発表した。

採択プロジェクトの内容は、住居内で起こる課題の解決に向け熱中症対策や空気質管理の有効性を実証するもので、取り組みテーマは高齢者・障がい者などの自立支援および、健康管理の支援。インターネットと住宅設備・建材、家電などの機器をつなげることで、外出先からのほか温度・湿度・照度にも応じて接続機器のON・OFFなどができる同社7月発売のスマートホームシステム「IoTホームLink『Life Assist 2』」を設置して検証する。

2021年08月12日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)