YKKAPの「MADOショップ」、『涼活』契機に地域需要喚起

YKKAPが運営する建材流通店の窓リフォームネットワーク「MADOショップ」では、8月末まで住宅内の熱中症対策で窓リフォームを提案する『涼活2016』活動を行っている。『涼活』は打ち水の有効性や、住宅内で起きる可能性のある熱中症と窓の関係性、窓辺で可能な熱中症予防策などを地域住民に普及する活動で開催は今年で4回目。夏場には例年、室内で熱中症になる事例が報告されており、その多くが適切な知識と行動で予防可能と指摘されている。同社では季節的に一般エンドユーザーに受け入れられやすい夏場の暑さ対策の知識普及をきっかけに、窓関連需要の獲得につなげて欲しい意向だ。

2016年06月23日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)