タカショー、新ブランド「RESONANCE(レゾナンス)」立ち上げ=「住まいと『共鳴』する空間」 | 住宅産業新聞

タカショー、新ブランド「RESONANCE(レゾナンス)」立ち上げ=「住まいと『共鳴』する空間」

タカショー(和歌山県海南市、高岡伸夫社長)は6月29日、新ブランド「RESONANCE(レゾナンス)」の立ち上げおよび、その第1弾となるガーデン・エクステリア製品4カテゴリーの発売を発表した。

「レゾナンス」は英語「共鳴」の意味で、「庭は住まいの余白ではなく、住まいと『共鳴』する空間」という同社の思想を反映させた。発売した4カテゴリーの製品は、テラス屋根「Rテラス」、ガーデンファニチャー「エルデシリーズ」、屋内・屋外兼用化粧建材パネル「エバーアートボード シック」、ガーデンタイル「アヴェルサシリーズ」。新型コロナウイルス感染拡大を背景とする〝自宅の庭〟に対する意識の高まりに応え、庭を心地よい空間とするハイデザイン商材として訴求する。

2021年07月15日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)