旭トステム外装、内外兼用壁材「オボロ」発売=新ブラント「シゼン」の第1弾、デザイン系ターゲットに | 住宅産業新聞

旭トステム外装、内外兼用壁材「オボロ」発売=新ブラント「シゼン」の第1弾、デザイン系ターゲットに

シゼン オボロの施工イメージシゼン オボロの施工イメージ

旭トステム外装(東京都江東区、阪本浩一社長)は1日、外壁の新ブランド「SHiZEN(シゼン)」を立ち上げると同時に、その第1弾製品として窯業系サイディング「OBORO(オボロ)」を発売した。

「オボロ」は同社初となる外壁と室内壁を兼用できる製品で、意匠上の特徴は(1)〝木目調〟や〝タイル調〟といったフェイク意匠ではなく、フラットなベースにシンプルなカラートーンをおぼろげな色むらで表現(2)シーリングレス仕様の用意および、出隅部材としてガルバリウム鋼板製を用意――など。

「キューブ型住宅での〝全面使い〟や、外壁と内壁の素材を連続させることで室内空間の広がりを演出する設計」(旭トステム外装)などへの採用を想定している。

2020年08月06日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)