LIXIL、付加断熱リフォーム「SW工法リフォーム」扱い開始=SW工法はモデルチェンジ

天井内部施工例天井内部施工例

LIXIL(東京都江東区、大坪一彦社長)はボランタリーチェーン「SUPER WALL(以下、SW)工法」ネットワークの加盟店約600社を対象に、(1)2020年1月、断熱材の一部に「新SWパネル」を使用する木造(木造軸組構法および2×4工法、以下略)戸建て用付加断熱リフォーム工法「SW工法リフォーム」の供給(2)12月から、高気密・高断熱・高耐震が特徴の木造建築工法「SW工法」で使用している断熱材SWパネルをHEAT20対応の強化として新SWパネルへ切り替えるとともに、設計の自由度向上として耐力壁の性能と素材を従来の壁倍率3・7倍のOSBから同4・3倍の構造用パーティクルボード(PB)へ切り替え――を始める。

SW工法リフォームとして〝戸建住宅全体〟かつ〝外壁への付加断熱工法〟を扱うのは、いずれも同社初。SW工法リフォームの特徴は、(1)事前に既存壁の熱貫流率(U値)を実測する断熱診断(2)外壁に新SWパネル、床下にスプレー吹付式の現場発泡ウレタン、天井内部に吹込式のグラスウールの施工――などとなっている。

2019年12月19日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)