台風19号控え「2階にも雨戸を」、コメント欄の上位に=シャッター・雨戸提案の受け入れ余地拡大か | 住宅産業新聞

台風19号控え「2階にも雨戸を」、コメント欄の上位に=シャッター・雨戸提案の受け入れ余地拡大か

雨戸のない2階の窓に養生テープ雨戸のない2階の窓に養生テープ

近年の台風被害がシャッターと雨戸に対するエンドユーザーの意識を変えるかもしれない。

戸建住宅に対するシャッターや雨戸の設置は、現在は主に防犯性と外部からの視線を遮ることを目的に、掃き出しタイプの引き違い窓にのみ採用される傾向がある。

しかし洋上での最大瞬間風速が一時は75メートルとも報じられた今月の台風19号の日本接近を控え、大手ポータルサイトに掲載された窓の台風対策をテーマとした記事へのコメントは、共感順ランキングの1位が「マンションにも雨戸を」、2位が「(戸建住宅の)2階にも雨戸を」となるなど、〝防災目的〟で雨戸やシャッターが必要とのコメントが多数寄せられた。

今後、住宅事業者からのシャッター・雨戸の設置充実提案に対するエンドユーザー側の受入余地が、拡大する可能性があると思われる。

2019年10月31日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)