ソーラーフロンティア、PVで専売店制導入へ

太陽光発電(PV)システムの製造・販売を手がけるソーラーフロンティアは、新たな販売組織として専売店『ソーラーフロンティア・プロショップ』を展開する。国によるZEH(ゼロエネルギー住宅)化の推進やシステム価格の低下で、同業他社との競合が激しくなるとの想定に基づき、ノウハウやスキルを備えた専売店を配置することで営業力を強化。さらに、独自のCIS薄膜太陽電池モジュールの優位性の訴求とブランドの確立も図る。北海道の「同ショップ十勝店」(河東郡)を皮切りに、年内に5店舗を展開。将来的には、全国100店舗体制を構築する計画だ。

2015年10月29日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)