京セラソーラーのFC販売網100店舗展開へ | 住宅産業新聞

京セラソーラーのFC販売網100店舗展開へ

京セラ子会社で国内向けに太陽光発電システムを販売する京セラソーラーコーポレーションは16日、フランチャイズ100店舗目となる「京セラソーラーFC(エフ・シー)川崎」(神奈川県川崎市宮前区宮崎6―8―7)をオープンした。

同社は1999年7月にFC1号店を出店。シンボルカラーの緑と黄色の看板を掲げ、地元に根ざした地域密着型の店舗として、住宅用太陽光発電システムの販売、施工、アフターサービスなどのトータルサポートを行う。現在では全国41都道府県へ販売網を広げている。

同社は今後も地域密着型の販売体制を拡充し、11年3月末にはFC150店舗展開を目指す。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)