タカラ、ホーロー技術進化で内装材など新分野に

タカラスタンダードの渡辺岳夫社長は、減収減益に終わった2014年度の業績について、「中高級商品主体のリフォーム需要が落ち込んだため、消費税増税後の反動減の影響が予想以上に大きかった」との認識を示した。その上で、15年度は中高級グレード商品のデザインや機能面の強化により「巻き返しを図る」とした。また、今後の課題として渡辺社長は、大都市圏でのリフォーム売上の拡大や成長市場への浸透を強めるとともに、同社コア技術であるホーローの進化についても取り組みを強める方針を示した。このほど実用化したインクジェット技術を応用し、店舗・施設向け内装パネルなど、内装材分野での幅広い商品展開も行う。

2015年05月21日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)