プレ協住宅部会、CS/品質中計で14年度方針、品質とCS武器に | 住宅産業新聞

プレ協住宅部会、CS/品質中計で14年度方針、品質とCS武器に

一般社団法人プレハブ建築協会住宅部会のCS品質委員会は、『CS/品質中期計画』の2014年度の活動方針をまとめた。

最終15年度目標の「満足=70%(アフターサービスは85%)以上、不満=ゼロ%」へ向けて、初年度である13年度の自己評価を確認。具体的には、会員各社の性能面、設計面、工事面、アフターサービス面の評価結果を踏まえ、優秀事例について委員会内で公表して、対策内容を共有化することに主眼を置く。

「自社の情報を開示することへの考え方はさまざまだが、他の戸建住宅構法との差別化がつきにくくなっている現状を打破する上で、工業化住宅のCS(顧客満足)と品質の高さは大きな武器になる」(中村裕CS品質委員長)との認識を示した。

2014年07月31日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)