郊外型戸建団地、元気なシニア集う街目指し=大和ハウス工業が協働で再生手法検討

12日午後1時半、南北に1・5キロほど伸びる団地のほぼ中央に位置する自治会館で、住民の代表約20人と大和ハウス工業の担当者数人による定例の話し合いが行われた。

テーマは、上郷ネオポリスを魅力的なまちにするにはどうすればよいか――。

同様の話し合いは月1回、3時間以上議論が続くこともあるという。

2018年07月19日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)