2021年2月4日(第2029号)/2020年の新設住宅着工戸数、9・9%減の81万5340戸=持ち家、61年ぶり低水準

主なトピックス
振興財団・住展協、家づくりの関心、在宅経験の有無で3倍超格差/イノスグループ、WEB対策強化=ホームページのVR展示場で加盟店を支援/LIXIL、重厚感あるファサード提案=「プラスG」品揃え拡充、屋根や壁にアルミ形材/国交省、グリーン住宅ポイント制度の対象追加工事を例示/新設住宅着工都道府県別表(2020年12月分)

連載
コラム「ひと」=ホームプロ代表取締役社長の尾崎泰三さん/新たな地域工務店を目指して(5)住宅支援機構代表理事・堰口新一/住宅トラブル対応作戦 弁護士・石川利夫=300

掲載記事一覧
新設住宅着工2020年12月、9%減の6万5643戸=持ち家は2ヵ月連続/ヤマダホームズ、マイナスイオン活用を産学共同調査で確認=酸化ストレス低減優位に/住宅宅地分科会、分譲マンションの住棟単位認定も=長期優良制度見直しで/大東建託意識調査、テレワーク減少傾向に=在宅時間の伸び鈍化/三菱地所ホームが戸建賃貸、全館空調やUV殺菌搭載/大和ハウスや三菱地所など、中国本土で不動産事業強化/トヨタホームが木造「モクア」で関東初の建売分譲/桧家住宅がVR内覧システム採用、ホームページに「VRセレクテリア」を開設/大東建託が相次いで新商品の販売開始、多雪地域の単身世帯向けと都市型賃貸マンション/LIXIL住研が金融分野に参入/七呂建設が福岡県に初出店、完全オンラインショールームをオープン/12月の木軸着工は0・4%減/LIXIL、「新しい生活」への訴求で新TVCM=変化対応の商材PR/パナソニック・ライフソリューションズンズ社、太陽光パネル事業から撤退=コスト競争力維持困難で/ニチベイ、ロールスクリーンに抗ウイルス仕様/トクラス、1日付で新社長に小泉副社長が昇格/旭トステム外装、金属外装材「Dan サイディング」に大割石積柄デザイン「ベルク SF」/中古戸建流通が大幅増、10月~12月の東日本レインズ調査/建設経済研究所の建設経済見通し、21年度の着工戸数=80万2400戸の予測、持ち家など回復見込むも緩やか/「住宅、買い時」3ポイント増=住宅ローン利用予定者、支援機構調べ/2月の住宅ローン金利 他

決算
TOTO2021年3月期第3四半期

人事・機構改革
積水ハウス/鴻池組/積水ハウス・アセットマネジメント/積和建設グループ

関連するキーワード

こんな記事も読まれています

最近の紙面

過去の紙面

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)